焼却炉のミヤビ MIYABI ロゴ お問い合わせはフリーダイヤルで 0120-23-1529
焼却炉のミヤビ TOP 製品紹介 ミヤビコンセプト 業種別納品事例 その他のシリーズ 会社概要 お問い合わせ

焼却炉のミヤビ > その他のシリーズ > FREE ZERO型 サイトマップ
FREE WIDE型 FREE 49型 FREE ZERO型 FREE 上部投入型 FREE 185H型 FREE 1200型
L+mini型 L+WIDE SP仕様 L+上部投入型 A21型 ザ・解体屋仕様 大型焼却炉


新発売 FREE ZERO型 ミヤビFREE型シリーズの最コンパクトモデル 1,700,000円
※各写真クリックで拡大します
FREE ZERO型
フルオープンの投入口は長物の投入もラクラク フルオープンの投入口は長物の投入もラクラク
フルオープンの投入口は長物の投入もラクラク
場所を取らないコンパクト設計 場所を取らないコンパクト設計 フルオープンの投入口は長物の投入もラクラク

フルオープンの投入口は長物の投入もラクラク

場所を取らないコンパクト設計
場所を取らないコンパクト設計 場所を取らないコンパクト設計
▲ページTOPへ

ミヤビコンパクト

 ミヤビFREE型シリーズの最もコンパクトなモデルです。
 究極のシンプルスタイルを目指すとともに、
 耐久性も他のFREE型シリーズと同様、一切の妥協はございません。


業界初「5年間無料保証」

 ミヤビコンパクト焼却炉FREE ZERO型の新発売企画として、
 業界初「5年間無料保証」をご用意しました。
 (FREE ZERO型のみの企画となります。)

 万が一、炉のトラブルが起きても5年間は
 修理費0円!で安心してご使用いただけます。

 しかも、消耗品の保証を除外したり、
 複雑な免責事項を設けたり等もせず、
 極めてシンプルに「5年間無料保証」いたします。

「FREE ZERO型5年間無料保証」概要
 1、保証料 : 一切必要ございません
 2、保証期間 : 5年間 
 3、保証対象機種 : FREE ZERO型
 4、保証、修理の金額及び回数の制限
: 制限ございません
 5、消耗品の取扱い : 全ての部品を保証の対象とします
 6、保証対象項目 : 炉の正常な使用ができない故障、
不具合等の部品修理、交換全て
 7、保証除外項目 : ご使用による外観の経年劣化、
つまり、見た目の色あせや汚れ、
錆の出現等は保証いたしません。
また、いちじるしく正常でない
使用や、天災等による故障は保証
いたしかねます。

 ミヤビが長年培った耐久性のノウハウや、
 極めてシンプルでトラブルが起きにくい構造だからできる
 「5年間無料保証」で、安心してご使用ください。


 主な納入先
  各工場、建設業、寺、木工業 等

○ 行政への届出等一切不要にてご利用いただけます!
   焼却能力 26Kg/h
   火床面積 0.29m²

○ ダイオキシン規制構造基準クリアー
   800℃以上にて燃焼
   助燃バーナー・温度計をフル装備

POINT

「できるだけシンプルで、コンパクトな炉が欲しい」

「長期保証が付いた、壊れにくい炉が欲しい」

「買った後は、不意のトラブルによる修理費は出したくない」


 そんなお客様にぜひご使用いただきたいのが
 FREE ZERO型です。


仕様

焼却能力 kg/h 26
火床面積 0.29
高さ×巾×奥行き mm 5,000×1,200×1,370
投入口 横×縦 mm 500×1,200(フルオープン時)
燃焼室容積 0.41
燃焼室 mm 500(横)×580(奥行)×1,400(高さ)
送風機V kw 100V 0.4
運転重量 kg 1,500



▲ページTOPへ


FREE型の共通特長
フルオープン縦長投入口

 投入扉と灰出扉が仕切りなく全て開けることができます。
 幅広の木枠のようなものや長尺物を切らずにそのまま
 投入できますので、余計な手間がかかりません。

 投入扉のみの開閉もできますので、焼却物の大きさに合わせて
 投入操作を自由に行えます。


投入扉のみオープン時 フルオープン時
フルオープン時 投入扉のみオープン時
▲ページTOPへ


燃焼壁は最高使用温度1500℃のキャスタブル

 炉内壁は耐火コンクリートであるキャスタブル(国内メーカー
 アサヒキャスター CA-13S)を施工しており、最高使用温度
 1500℃という高性能なものを使用しています。

 約100mmの壁の厚さで施工し、高温での燃焼に十分な耐久性を
 持たせています。

 炉外壁である鋼板は、厚さ6mmを使用し、各部の補強とあいまって
 頑強な炉体を形成しています。

 その十分な厚みをもったキャスタブル壁と外壁の鋼板により
 3トンを超える重量となっています(FREE WIDE型、FREE49型)
 ぜひ他のメーカーさんの炉の重量と比べてみてください。

 また、キャスタブルと炉外壁である鋼板の間には25mmの厚さの
 断熱ボード(シリカボード)を施工し、炉外壁への高温の伝達を
 防止しています。それにより、燃焼室では800℃以上の高温燃焼が
 行われていても、炉の外壁の鋼板はあまり熱さを持ちません。


最高使用温度1450℃のキャスタブル壁
最高使用温度1500℃の
キャスタブル壁

シリカボード25mm
シリカボード25mm
▲ページTOPへ


助燃バーナー

 燃焼温度を速やかに、常に高温に上昇させるための助燃バーナーを
 標準装備しています。

 燃焼開始時や、湿ったものを焼却する際の低温時にご使用いただく
 ことで、完全燃焼を行い、無煙焼却いたします。

 しかし、バーナーのご使用はスイッチのオンオフで行えますので、
 無用な燃料(灯油)の消費をなくすこともできます。


2次燃焼
助燃バーナー
▲ページTOPへ


送風機(ブロアー)

 燃焼室に空気を送る送風機(ブロアー)を備え、
 炉内壁数十か所から燃焼用空気を送ります。

 このブロアーの働きにより、燃料を使用しなくても、
 高温で焼却することができ、ランニングコストも電気代だけで
 あれば、1時間の運転で10円程度となります。


▲ページTOPへ


デジタル連続温度表示計

 制御盤には瞬時に確認できる視認性の良いデジタルの
 連続温度表示計(オムロンK3HB)が標準装備されております。
 これは、燃焼室の温度が常に表示され、適切な温度管理が
 できるうえ、2次燃焼バーナーも設定した温度で運転管理が
 できるようになっています。

 しかし、特別なボタン操作は一切必要ございませんので
 お気軽に温度の確認にお使いいただけるかと思います。

デジタル温度表示計
デジタル温度表示計
▲ページTOPへ


焼却熱の再利用 〜どうして焼却炉で貴社の経費を削減できるのか〜

(c) MIYABI Co,. Ltd. 2005-2017  All Rights Reserved.